長期の運用でリスクを低下させる|値下がりリスクとは

当サイトについて

当サイトでは、不動産投資における必要最低限の知識として、『値下がりリスク』についてのコンテンツを提供しています。
また、『値下がりリスクとは』といった大きなカテゴリの説明から、値下がりリスクに関して細分化されたカテゴリまでを極力わかりやすいコンテンツ形式で掲載しています。

不動産投資についてこれから学ばれる方にとって最もわかりやすいサイトを目指しております。
物件を長期にわたって運用していくことで、リスクを低下させることも可能です。

物件価格が大幅に値下がってしまっても、トータルで見て一定の収益をあげられれば、その投資は成功したといえるのです。例えば、銀行で3000万円を借りて物件を購入したとします。

これを10年後に売却したとき、ローンの返済が終わっていなくても、その1年間で得た家賃収入と売却した際の代金を足した額が売却時のローン残高よりも多ければ、結果利益が出たといえるのです。