値下がりへの対処法とは?|値下がりリスクとは

当サイトについて

当サイトでは、不動産投資における必要最低限の知識として、『値下がりリスク』についてのコンテンツを提供しています。
また、『値下がりリスクとは』といった大きなカテゴリの説明から、値下がりリスクに関して細分化されたカテゴリまでを極力わかりやすいコンテンツ形式で掲載しています。

不動産投資についてこれから学ばれる方にとって最もわかりやすいサイトを目指しております。
 

値下がりに対処するためのの1つ目は、将来的に値下がりリスクの少ない好立物件や条件を選ぶことです。これがなんといっても大前提です。

2つ目は、管理をきちんと行うことで、収益性を確保することです。日々の清掃や修繕次第で老朽化のスピードを遅らせて、資産価値をなるべくかけないようにすることは可能です。管理会社に任せている場合も、管理がしっかりと行われているか日々チェックする必要があるでしょう。

3つ目は、区分所有は避けることです。築年数が古い1棟ものの物件であれば、建物の価値がゼロになっても、更地にして売却することができます。
しかし区分所有では、自分が建物を持っているわけではないので、それができないのです。銀行の担保評価でも、区分所有は低くみられてしまう場合があります。